カテゴリ: 雑談

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 2021/04/18(日) 16:14:32.50 ID:sAdQ+s580
白坂有以 @shirasaka_yui 
いつの日かのAV撮影現場です。
スタッフさん方の素敵な計らいのお陰で、いつも清々しい気持ちで出陣しています
 
no title

no title

no title

no title




【【画像】AV撮影現場の食事をご覧くださいwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/18(日) 16:06:23.98 ID:YWo4W1JAd

動画

no title






【【動画】女の子同士のエッチ、エロすぎるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/17(土) 21:26:09.63 ID:tRa77CfM9
トップレスとヌードの日光浴を許可している国

昨年の旅行制限にもかかわらず、「ヌードビーチ」、「ヌードリゾート」、「日光浴ヌード」について、過去12か月間に世界中で1,070万件を超えるGoogle検索が行われました。 

これらの検索の大部分は、米国、日本、ブラジルによって行われました。
しかし、人口規模を考慮すると、最も裸で日光浴をしたいのはオーストラリア、ニュージーランド、アイルランドの人々です。

水着ブランドのPourMoiは、世界中のすべての国のヌード法を調査し、39か国がヌード日光浴を許可しているが、38か国は断固として許可していないことを発見しました。
そして、他のものは曖昧なルールを持っています。

トップレスまたは部分的に裸の日光浴は、世界中で非常に異なって受け取られ、宗教的および文化的歴史が、それがどれほど受け入れられるか、または不快であると見なされるかに大きな影響を与えます。

たとえば米国のように、単一の国の中でさえ、異なる地域は、ヌーディスト活動に関する非常に異なるスタンスと法律を持っています。   

公衆の面前での法律は、裸の日光浴を取り巻く規則と混同される可能性があり、多くの国が公衆の面前でのヌードは違法であると述べていますが、実際にはトップレスの日光浴でも問題ありません。

ほとんどの国にとって、「気分を害する意図」は、日焼けした線なしでビタミンDを捕まえようとすることと、誰かが筋をつけたり点滅したりすることを区別する主なものです。 

no title

no title


世界地図は国を4色に分類しています。赤字の38か国は、あらゆる種類の公衆の面前で、非攻撃的な公衆のトップレス日光浴でさえ、完全に容認できないか違法である国です。
緑に着色された国(39)は、公共のトップレスまたはヌードの日光浴についてかなりリラックスしている国であり、複数の公式および非公式の場所でそれを許可しています。  

gooqle翻訳一部割愛全文はリンク先へ
https://ftnnews.com/tours/41580-which-countries-allow-topless-nude-sunbathing




【【画像】ヌーディストビーチを最も検索した国に日本がランクイン! 何故?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/18(日) 02:32:17.09 ID:TVSTmo210
この癖直さなあかんほんま
no title





【【画像】ワイ、街でおっぱいに目が行ってしまう】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/17(土) 04:30:39.32 ID:/n4P9QNa0● BE:976717553-2BP(2000)
黒の下着はNGなのに、白だとOK…? YouTuberとYouTube「エロ」を巡るコンプラいたちごっこ

「YouTubeは、いまやプロでさえ苦戦する完全なレッドオーシャンと化していて、YouTubeドリームを手にしようと、いまさら素人が動画投稿をはじめたところで、再生数を稼ぐのは至難の業となっています」(YouTubeに詳しいライター)


 しかし、そんな状況のなか、猛烈な勢いで急増しているのが、“微エロ”YouTuberだ。微エロとは読んで字のごとしで、ソフトなエロコンテンツのこと。

「YouTubeが公表する『コミュニティガイドライン』ではヌードや性的コンテンツのアップロードは禁止されています。なので、このジャンルはエンタメ系のようにプロが進出していないんです。そこに目をつけた人たちが、規制にひっかからない程度の“微エロ”動画を投稿し、再生数を伸ばしているんです」(同前)

■様々な“微エロ”のコンテンツ内容は…?

 実際にYouTubeを見てみると、女性用の下着を着用して紹介するチャンネルや、体のラインがくっきりとでる衣装を着用し、ストレッチをするチャンネルなど様々な微エロコンテンツが上がっている。

「そのなかでも最近のブームは、“ノーブラ企画”です。女性が下着をつけずに薄手のシャツ一枚で、ランニングや散歩をする姿を映している動画が、大量にあがっています。あとは、温泉を紹介するチャンネルも急激に再生回数を伸ばしていますね。というのも女性がバスタオルを巻かずに入浴しているんです。映ってはいけない部分はカットされていますが、テレビの温泉旅番組よりも露出が多く、一気に再生回数が伸びている印象です」(同前)

 なかには、わずか1か月の間に1万人以上の登録者数を獲得するチャンネルもざらにあるという。芸能人といえど、チャンネル登録者1万人の壁を越えられない人もいることを考えると、異常な数字だということがわかる。

 読者のなかにはYouTube上に“微エロ動画”が上がっていることに嫌悪感を覚える人もいるだろうが、YouTube側も基準のラインを超えている動画は削除しており、あくまでもYouTube内のルールにのっとった動画のみが残っているという。数字欲しさに過激度合いを上げていくと、結果的に勝負のフィールドから弾き出されてしまう。

■なぜわざわざYouTubeで微妙なエロを見るのか?

 一方で、不思議なこともある。

 いまやアダルトコンテンツはインターネット上にあふれかえっている。それなのに、わざわざYouTubeで「微エロ」を見る必要もないように思えるが…??

 チャンネル登録者数43万人を誇り、微エロYouTuberの元祖ともいえる広瀬ゆうさんはこう話す。

「テレビで流れるお色気シーン的なポジションなんだと思います。『エロが禁止されている』ところに、突然ちょっとエッチな映像が流れてきたら、うれしいのと同じ感覚なんじゃないでしょうか」

■YouTube側がチェックする部分は…?

「YouTube側の規制も時とともにどんどん変わっていっていますからね。私がチャンネルを開設した2017年頃は、まだまだ下着が見えても広告を付けられていたので、そこからも収益をもらえていました。ただ、最近は規制も厳しくなってきていますし、今後もっと厳しくなっていくんじゃないかなと思っています」

全文
no title

no title





【【動画】猛烈な勢いで増加中の"微エロ系"Youtuber 「ノーブラで散歩」「ぴっちり下着でストレッチ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/11(日) 17:05:25.85 ID:3qoq1wmyd
なんでなん?
no title





【【画像】女の子のパンティにリボンがついてる理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/11(日) 16:29:27.36 0
no title




【【画像】NHKテレビ体操のお姉さん、エロ過ぎるwww】の続きを読む