カテゴリ: 女優

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/20(日) 21:32:42.78 ID:if9eAPUg0
すごい
no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】寺本莉緒とかいうとんでもねえパイオツしてる女】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/19(土) 09:51:02.11 ID:CAP_USER9
 女優でモデルの武田玲奈さんの2021年カレンダーが12月18日、発売された。

 カレンダーは壁掛けタイプと卓上タイプの2種類で、雑誌のグラビアのアザーカットに加え、新たな撮り下ろし写真も収録。超ミニボトムから美脚をのぞかせているショットや大人っぽい赤のドレス姿で美背中を見せているショットもある。

 壁掛けタイプはA2サイズ、全14枚、価格は2800円(税抜き)。卓上タイプはA6サイズ、全14枚、価格は2200円(同)。オンラインショップ「NICO ONLINE SHOP」で販売。


https://mantan-web.jp/article/20201218dog00m200079000c.html 

no title

no title

no title



【【画像】武田玲奈、2021年カレンダー発売 美脚、美背中見せも】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/08(火) 11:05:00.64 ID:xIQeTM+U0
no title

no title

no title

no title




【【朗報】本田望結ちゃんのデカパイ、止まらないwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 2020/12/04(金) 08:29:56.42 ID:dCVIz8Nf0
(GIF動画)
no title




【【GIF動画】広瀬すずさん、乳首が立ってることに気づいて咄嗟に腕で隠してしまうwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/04(金) 04:33:18.05 ID:YS+u/wJu0
純粋に憧れるよね
no title





【渡部「嫁は佐々木希、AV女優肉便器にしてました、毎日外食」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/11/16(月) 20:50:47.12 ID:CAP_USER9
 写真集「里帆採取 by Asami Kiyokawa」(集英社)を11月5日に発売した女優・吉岡里帆(27)。純白のビキニ姿などを披露した同作は、Amazonのタレント写真集ランキングで首位を走っている。

好調な売れ行きの背景には、吉岡が同作で“水着再解禁”したことがある。

「大学時代に京都の小劇場で活動。深夜バスで東京に通い、オーディションを受け続けた苦労人だが、落選続きで伸び悩んだ。そこで21歳の時に挑んだのが水着グラビア。童顔に似合わない豊満なバストを際どいビキニで包み、若い男性を魅了した」(芸能デスク)

 16年にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演。翌年にかけ「ゆとりですがなにか」(日テレ系)、「カルテット」(TBS系)など連ドラにも立て続けに出演、ブレイクを果たした。

 だが17年、ファンに衝撃が走る。女性向けサイト「She is」に掲載された対談記事で「水着姿なんて絶対出したくなかった」と発言。これが“グラビア拒否宣言”と受け取られたのだ。

「吉岡は生真面目な性格で、女優業に専念する決意表明のつもりだったのだろうが、その後水着を封印したのは事実。対談では『今となっては、グラビアは本当にやってよかった』とも発言しているのだが、人気を支えてきた男性ファンの反発を買い、失速した」(同前)

 18年に発売した初の写真集も水着姿はごく少なめ。タイトルに「so long」(さようなら)と意味深な言葉を掲げ、“女優・吉岡里帆”としてリスタートを切ったかに見えた。

 が、満を持して臨んだ18年の連ドラ初主演作「きみが心に棲みついた」(TBS系)は視聴率7.7%と伸びず、次の「健康で文化的な最低限度の生活」(フジ系)は5.8%にまで低下。以降、連ドラ主演はない。

「ドラマは女性ファンがつかないと数字が取れない。男性ファン主体の吉岡に主演は荷が重かったし、その男性も離れれば苦戦はある意味必然だった」(民放ドラマ制作関係者)

 吉岡の水着再解禁は、男性ファンへの今一度のアピールということか。だが、新作写真集を手がけたのはアーティストの清川あさみ氏。露出はたしかに多いがエロスというよりは芸術性を強調した仕上がりだ。

「今月に、一児の母を演じた映画『泣く子はいねぇが』の公開を控え、グラビア路線に片足を残しつつも女性に憧れられる“大人の女優”への脱皮を図る意図が見える。有村架純(27)、川口春奈(25)ら大物揃いの同世代女優に伍していけるか、まさに勝負の秋」(同前)

https://news.yahoo.co.jp/articles/901416504a9582c751c021b56ad97ec6ab841ec1

no title




【【画像】「水着姿なんて絶対出したくなかった」発言から3年 吉岡里帆が“水着再解禁”した理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/11/07(土) 05:29:49.26 ID:CAP_USER9
 「フィギュアスケート・東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園アイスアリーナ)

 12月の全日本選手権(長野)出場の懸かる大会が開幕した。女子ショートプログラム(SP)が行われ、今季シニア初参戦で女優の本田望結(16)=プリンスホテル=は39・34点の26位で上位24人が進出するフリーに残れず、姉の真凜との姉妹での全日本出場はならなかった。真凜(19)=JAL=は8位。樋口新葉(19)=明大=が70・71点で首位発進で、7日のフリーに進んだ。

 姉の真凜と姉妹での全日本出場を目指した望結だったが、ジャンプのミスが続き、得点を伸ばしきれなかった。それでもアップテンポなSP「My Dilemma」にのり、最後はキレのあるステップをみせた。今季は練習から納得いかない日が続いていたという。それだけに「練習の内容から考えると、今日は自分ができることを詰め込めた。点数をみて言うと恥ずかしいけど、悔いはないです。気持ちを強く出せた」と、前を向いた。

 新垣結衣や広瀬すず、永野芽郁ら数々の若手女優の登竜門となっている年末の全国高校サッカー選手権の応援マネジャーに就任することも決定。今後は女優としての飛躍も期待される中だが、この日、改めてフィギュアスケーターとの“二刀流”を継続する意思を示した。「来年に向けて頑張りたいという気持ちが強く出た試合だった。来年は姉と一緒に全日本に出られるように頑張っていきたい」と、覚悟を口にした。

 本田武史コーチが「忙しい中でも30分でも時間があれば、リンクにきて練習する子」と話す努力家は、まだまだ自分の可能性を追求していく。

https://www.daily.co.jp/general/2020/11/06/0013845349.shtml

no title

no title

no title




【【画像】本田望結(16)、姉妹全日本ならずも定まった覚悟 飛躍の女優業と二刀流継続「来年は姉と」】の続きを読む