カテゴリ: 女子アナ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/14(水) 17:57:19.28 ID:yZTkj1jv0
えい

no title




【森香澄とかいうぐうかわ女子アナのワイの性癖に突き刺さる画像を投稿する】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/15(木) 08:29:44.86 ID:CAP_USER9
 放送法の外資規制違反に揺れるフジテレビに〝第2波〟到来だ! 同局が誇る美人女子アナ7人が美容室Aのステルスマーケティングを行っていたと15日発売の「週刊文春」が報じている。同誌によると、女子アナたちはAのサービスを無料で受ける代わりにSNS等で紹介していたという。料金換算すると、累計で数百万円にも上る悪質っぷり。だが、フジに限らず、他局の女子アナも似たようなことを行っていた可能性も指摘されている。万一、女子アナの大量謹慎となれば番組は〝ひっ迫〟しそうだ――。

 文春によると、事の発端は、井上清華アナの足の指がネイルサロンのサイトで公開されていることについて、ある週刊誌がフジに問い合わせたことだった。

 アナウンス室の野島卓部長が本人に確認したところ、井上アナは都内にある芸能人御用達の美容室Aと、その系列店のサービスを無料で受ける代わりに、お店のSNSに写真を掲載していたことを白状したという。

 だが、Aに協力していたのは井上アナだけではなかった。宮澤智アナ、久慈暁子アナ、堤礼実アナ、三上真奈アナ、杉原千尋アナ、海老原優香アナ…と出るわ、出るわ、計7人に及んだ。少なくとも3年前から行っていたようで、金銭換算すると累計で数百万円相当になる。さらに〝同局のエース〟三田友梨佳アナも別の美容室B、Cに同様のことを繰り返していたことまで発覚し、アナウンス室はパニックになった。

 言うまでもなく、宣伝と明記せず、SNS等で紹介して対価を得ればステマの可能性が高い。事態を重く見た野島部長は、写真の削除・口外禁止のお願いと10万円のギフトカードを渡しにAに赴いたという。

 芸能関係者の話。

「野島アナは週刊誌がメッチャ嫌いなんですよ。火消しに躍起になったのは、フジ、アナウンス部を守りたいのはもちろん、週刊誌沙汰にならないようにという思いもあったのでは。自身も2017年に情報番組『ユアタイム』で共演していたモデルの市川紗椰との熱愛が報じられたことがある。当時市川が20歳も年下だったので呆れる声が局内に噴出。しかも市川の本命が某芸能事務所幹部だったことが明らかになり、赤っ恥をかかされたのです。その後2人は破局してしまいますね」

 本紙はフジテレビ広報部に「①女子アナ7人がAのサービスを無料で受けて宣伝と明記せずSNSで発信されたか」「②①はステマに該当すると考えるか」「③野島部長が写真削除のお願いと10万円のギフト券を渡すためAに赴いたのは事実か」「④今回の行為は就業規則に違反しているか」について、質問状を送った。

「事実関係の詳細については現在確認中ですが、いわゆるステルスマーケティングに該当する行為はないと考えております。また、美容室等に対して、本件についての口止めを依頼した事実はございません。就業規則に抵触する行為が判明した場合には、適切に対処して参りたいと考えています」と文春に対するものと全く同じ回答が返ってきた。

 それにしても、今回のステマ疑惑はフジの女子アナだけなのか。他局もありそうだが…。

 あるテレビ関係者はこう声を潜める。

「それが怪しいのがいっぱいあるんですよ。ざっと調べたところでも、有名美容室のブログなどに登場するのは、複数のキー局の女子アナが確認できます。もちろん、宣伝の明記はない。ただ、施術料を無料にしたかまではわかりませんが…。飲食店とかスイーツまで含めるとどうなるやら(笑い)。もし謹慎などの処分が大量に下されれば、番組が立ちいかなくなりますよ」

 フジテレビと言えば、同局を傘下におさめる「フジ・メディア・ホールディングス」の外資比率が、2012年から14年にかけて放送法に抵触する20%超だったことが明らかになったばかり。その一方で、社員たちがせっせとステマに励んでいたのだとすれば…激しい批判を浴びるだろう。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3028112/

〝ステマ疑惑〟が報じられた左から井上清華、宮澤智、久慈暁子アナウンサー

no title




【【画像】フジ女子アナ7人だけじゃない! 大量ステマ疑惑が他局人気アナに拡大】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/08(木) 12:32:24.16 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーで女優の田中みな実が出演する下着ブランド「PEACH JOHN」の夏の新ビジュアルが7日、公開された。

ブランドミューズの田中が、新作ブラやルームウエアを着こなし、夏らしく爽やかなイメージで撮り下ろし。
花のモチーフが大胆に胸元を演出する「ヌーディ(R)」シリーズの新作や、新作のキャミ&タップパンツ、夏パジャマ&ワンピ、ノンワイヤーながらしっかり美胸をメイクできる「クーリッシュエールブラ」などを着用し、美谷間くっきりな抜群のプロポーションを披露している。

なお、公式サイトでは、田中のスペシャルインタビュー動画を見ることができる。

https://news.mynavi.jp/article/20210407-1866579/

no title

no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】田中みな実、美谷間くっきり PEACH JOHN新作ブラ&キャミを着こなす】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/07(水) 07:57:11.70 ID:4R8wbSUx0 BE:515020545-2BP(1000)
no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】「こういうタヌキ顔熟女(35)がいいんだよ」っていうドスケベ女さん、発見される】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 2021/02/12(金) 08:37:57.145 ID:q9VR2oUup
no title




【【画像】田中みな実さんのお乳首www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/02/10(水) 06:11:40.38 ID:MChLRXVV0● BE:632443795-2BP(10000)
テレビ朝日の斎藤ちはるアナが、アナウンス室で「贔屓されている」と評判だ。彼女を気に入らない弘中綾香アナを筆頭に、〝マン蹴り指導〟する勢いだという。

「確かに、斎藤アナは特別扱いに見えます。なぜ、彼女だけが入社時から扱いが違うのか。同期はもとより、先輩陣も苦々しく思っているそうです」(テレビ局関係者)

斎藤アナは明治大卒業後、2019年入社。4月1日の入社初日に突如、朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』に登場し、レギュラー司会で出演することを報告。午後からの入社式を前に、異例のお披露目をした。

「1日が月曜だったとはいえ、2日以降でもよかったはず。わざわざ、入社式前に斎藤アナを出演させる必要があったのか? 彼女への特別扱いが露呈した格好です」(テレビ朝日関係者)

斎藤アナは元『乃木坂46』の第1期生メンバー。白石麻衣、西野七瀬が同期だ。

「乃木坂では一度、選抜メンバー入りした程度で、特別人気者だったわけではない。大学4年まで在籍していたものの、卒業ソロライブもなし。ただ、乃木坂時代から秋元康氏に気に入られていて、教養クイズ番組などに出ていました」(女子アナライター)

アイドルとしてはパッとしなかったが、難関といわれる女子アナに見事合格。

「父親はアメフトの有名指導者。親族には元サッカーの五輪代表だった人間もいます。〝情実入社〟とも囁かれました」(同・ライター)

そんな斎藤アナに、危機が迫っている。局に入ってしまえば努力の姿勢もないのか、ある振る舞いが疑問視されているのだ。

「元日、朝6時から放送の『モーニングショーSP』に、半分、寝ぼけ顔で登場したのです。〝手抜き丸出し〟など、ネット上でたたかれました」(芸能記者)

当然、憤慨しているのは、他の女子アナたちも同じ。いま彼女は先輩から、教育的指導の対象だという。

「昔から、女子アナの〝後輩教育〟はトイレでやるのが相場。男性が仲裁に入れないからです。かつては、2~3人で囲んでスカートをまくり上げ、〝蹴り〟を加えるなどをするという逸話もある。局のエースである弘中アナは、斎藤アナのために〝喝!〟を入れる気マンマンだといいます。ただ、斎藤アナも芸能界で、さまざまな修羅場をくぐってきている。大バトルに発展する可能性は高いでしょう」(同・記者)

〝下蹴り〟の応戦か!

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/11070

斎藤ちはるアナ

no title




【弘中綾香 VS 斎藤ちはるアナ! “陰湿”テレ朝「女子アナバトル」勃発か…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/01/19(火) 14:57:48.23 0
「僕と “まーたん” は、彼女が大学に入った年から、NHKに入局してからもずっと “深い” の関係でした。僕は一度も彼氏に昇格することはなく、ただの都合のいい『間男』でした」

 30代男性のAさんと、彼の言う “まーたん” こと桑子真帆アナ(33)が出会ったのは、2006年のこと。2人は、東京外国語大学の先輩と後輩という間柄だった。

「2010年にNHKに入局した桑子アナは現在、『おはよう日本』のメインキャスターを務めています。2020年末には、3回めとなる『紅白歌合戦』の総合司会の重責を果たしました」(スポーツ紙記者)

 そんなNHK看板アナに、意外すぎる素顔が――。

「彼女と知り合ったのは、彼女が大学1年の夏休みが終わったころの飲み会でした。たまたま席が隣になり、連絡先を交換しました。彼女は、学内でもチャラいことで有名な音楽サークルに所属していました」(Aさん、以下同)

 女子校育ちで、「勉強、部活で忙しかったし、彼氏はいなかった」とAさんに語っていた桑子アナ。その反動か、出会ったときにはすでに、遊び慣れている様子だったという。
「サークル内はもちろん、他大学の学生にもモテモテでした。僕と彼女が男女の関係になったのは、飲み会から約2カ月後。それまで複数人で何度か会っていたのですが、2人だけで飲むことになり、盛り上がってこちらから誘ったのがきっかけです」

だが当時、桑子アナには、すでに彼氏がいた。そのため、Aさんと桑子アナは、周囲には自分たちの関係を秘密にしていた。
「彼女は実家から通っていたので、人目にふれないように私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。恋人関係にはしてもらえなかったので、デートらしいデートは、ほとんどしたことがありません。
私との関係を続けつつ、“本命” の彼氏も何人か代わり、私とは数カ月会わないこともありました。彼女は新しい彼氏ができると、わざわざ私に報告してくるんです。『僕の存在は、いったいなんなんだろう』と落ち込みましたね」

桑子アナは「好きになったら、とにかく突き進む性格だった」という。狙った男性に交際相手がいても、おかまいなしだった。
「男選びは、とにかくビジュアル重視。『友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある』そうで、『◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる! デートしてみたい』『(自分の)彼氏よりよかった』とも、僕に言っていました。
交際相手がいる男性と遊ぶことを彼女は『不倫デート』と呼んでいて、女友達の彼氏と陰で関係を持ったことは、私が知るだけで何回もあります。多いときには、僕を入れて同時に3股交際していたこともありました」

当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラを見せてもらうと、Aさんが言うとおり、そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがある。なぜ、そんなにモテたのか。
「彼女は酔うと、あの大きな目がトロンとして、ふだんは低めの声が猫なで声になり、『指が細くてきれい』とか言いながら、甘えた感じでさわってくるんです。私も虜になったひとりですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました」

大学生活を満喫した桑子アナは、2010年にNHKに入局する。
「彼女は在学中、NHKでアルバイトをしていましたが、アナウンススクールには短期間通っただけでした。内定したことは、本人がいちばんびっくりしていました」

最初の配属先は、長野放送局。当時の桑子アナを知る、あるNHK関係者が証言する。
「お酒が好きで、種類はなんでも飲みます。地方局時代は、上司や先輩などの誘いは基本断わらず、深夜3時くらいまで飲むこともありました。
同期入局で、広島に配属されたジャニーズ系の記者と遠距離恋愛していましたが、桑子アナが長野から広島に異動するころには、もう別れていましたね」
そのころには一般企業に就職していたAさんだが、2人の関係は、社会人になってからも続いていたという。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

https://smart-flash.jp/showbiz/129085

no title

no title


2: 2021/01/19(火) 14:59:33.96 0
もっとセックス内容を詳しく教えてくれないと抜けないわ




【【画像】NHK桑子真帆アナがビッチぶりを元セフレに暴露されて大騒ぎになってるけど】の続きを読む