タグ:ドラマ

1: 2019/11/11(月) 07:34:36.38 ID:on0wJf1g0 BE:512899213-PLT(26000)
 女優の沢尻エリカが、再びフルヌードになるという情報が急浮上している。彼女は来年のNHK大河ドラマに出演。番組盛り上げのために“大胆露出”も辞さない構えだという。
「“別に…”発言や事務所トラブルなどで、しばらく異端児扱いされていましたが、完全に人気女優に返り咲いた。そんな彼女の長年の夢が、大河ドラマへの出演だったそうです。決定した今、番組宣伝とともに、自分の存在をアピールするために“脱ぐ”ことを決意したといいます」(芸能ライター)

 沢尻は、来年1月スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の帰蝶(濃姫)役で登場予定。ドラマは戦国武将の明智光秀(長谷川博己)の生涯を描いたもの。光秀は織田信長(染谷将太)を本能寺で討ったとされるが、帰蝶は信長の正室だ。
「謎の多い武将、光秀にスポットを当てたということで、かなり男くさいドラマになるでしょう。主役級はほとんど武将ですから、沢尻の美貌は目立つはず。脱げばドラマは盛り上がるし、“NHK女優”としての評価も高まる。彼女なりの読みもあるようです」(同・ライター)

 沢尻といえば2012年、映画『ヘルタースケルター』で全裸姿でのカラミシーンを披露した過去がある。
「映画で見せたオッパイは、プリッとしたお椀型。バストトップはキレイなピンク色で、まさに超美乳という印象でした」(映画ライター)

 身長161センチ、バストサイズ83のCカップクラス。フランス系とのハーフだが、巨乳でないところが“逆にいい”と評判だ。
「13年にクリエーターの男性と離婚。その後、デザイナーの男性と交際していましたが、今年9月発売の女性誌で、男性とは8年間の交際の末に破局したとの報道。気持ちの整理をするため、脱ぐ意志を固めたともいわれています」(グラビア雑誌編集者)

 小学校6年生でデビュー。芸能生活20年にして念願の大河出演をゲット。その裸体を、果たしてどのタイミングで披露するのだろうか?
「デザイナーの男性と別れたのも大河ドラマへの思い入れだといいます。現在、放送している『いだてん』が史上最低の視聴率をたたき出しているだけに、ドラマ盛り上げのためなら“フルオープン”も辞さずということらしいのです。年末、女性向け雑誌のグラビアでの披露が濃厚かもしれません」(芸能記者)

 女優魂に拍手だ!

https://wjn.jp/article/detail/6408967/

no title



【沢尻エリカ、“念願”大河ドラマ出演! 盛り上げフルヌード決意か!】の続きを読む

1: 2019/10/05(土) 12:42:10.56 ID:qldDe+Ct9
 “あざとい女”としてネット上でたたかれまくっている女優の吉岡里帆が、さすがに白旗状態だという。本人も泣きが入っているとか…。

 「卑猥な極小ビキニを惜しげもなくさらしたグラビアで有名になったのに、いつの間にか『水着の子と見られたくない』『やりたくなかった』などと、グラビアをバカにしたような発言。自分は正統派女優ということを強調したかったのでしょう。ところが、今や女子生徒が最も嫌うというブルマー姿をインスタグラムで公開。その無神経さも話題になりました」(芸能ライター)

 吉岡は去る9月29日、ドラマ『時効警察・復活スペシャル』(テレビ朝日系)に出演。同ドラマは10月11日にスタートする『時効警察はじめました』の前フリ特番だったが、平均視聴率は9.2%と予想外の苦戦。

 「12年ぶりの『時効警察』シリーズの復活で、視聴者の期待も大きかった。過去作は23時15分という遅い時間にもかかわらず、平均視聴率は10%超え。29日の特番は21時からと早い時間だったのに一桁台。どうやら、吉岡への拒否反応が想像以上にすごいのかもしれません」(テレビ雑誌編集者)

 ドラマは、総武警察署時効管理課の霧山修一朗(オダギリジョー)と交通課の三日月しずか(麻生久美子)らが“趣味”で時効が成立した事件を捜査するコメディーミステリー。2006年の第1弾が平均視聴率10.1%。07年の第2弾が12.0%という高視聴率をマーク。吉岡は今シリーズから登場。刑事課の彩雲真空役を演じる。

 「特番終了直後のテレビサイトは吉岡の悪口だらけ。『吉岡が出ていたからチャンネル変えた』『出しゃばり』『ミスキャスト』など、書かれ放題でした。特に女性には評判が悪く『なんで女優やってんの?』の酷評も出ています」(同・編集者)

 吉岡はEカップ巨乳で体はいいが、なぜか男性誌でも評判イマイチ。『あざと女』とまで命名されている。
「彼女も気にしているらしく、ヘコんではいるようです。それもポーズだって話もありますが…」(前出の芸能ライター)

 昨年、主演ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)が平均視聴率7.7%。『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)が同5.8%と、驚異的な連続惨敗を喫した。

 「今回も主役級ですし、一桁記録なら責任論必至。もう改心して素直に脱いだ方が“嫌われ女優”の歯止めになります」(同・ライター)

 吉岡のポテンシャルなら、脱がないのは逆に損かもしれない。期待したいものだ。


no title




【吉岡里帆がネット悪口に白旗!? 出演ドラマ連続惨敗で“改心ヌード”不可避か?】の続きを読む

1: 2019/09/29(日) 09:03:20.09 ID:8Ha/ktIY9
伝説的セクシービデオの監督・村西とおるが『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)の9月26日放送回に出演。山田孝之が主演して大きな話題を呼んでいる、ドラマ『全裸監督』(Netflix)のモデルである自身の半生について、金銭事情を明かした。

 1984年にデビューした村西監督は、数々の有名女優を発掘し、1980年代後半から一世を風靡。その稼ぎは、すさまじいものがあった。
「私は、『3000万円の男』と言われていました。1つの作品を撮ると、当時は約1億円くらいの売り上げがあがると。
たとえば松坂(季実子)さんの作品は、1万本以上売れるんですよ。1本1万5000円~1万6000円の金額で、それだけで1億数千万円の売り上げなんです。
 年商では、100億円ぐらいありました。私は会社のオーナーですから、使い放題みたいなところはありますね。と言ったって、月に1億円とか2億円程度ですけど」

 しかしバブル崩壊や、衛星放送事業の失敗により、50億円もの借金を負うことに。

「月に8000万円ずつ返して、2年間で1500本くらい作品を撮りました。女優たちをスタンバイさせておいて、だいたい1日に6本くらい、ひとり2時間ぐらいずつ撮るわけ。

 で、スタンバイさせていても、女優の気持ちが盛り上がらなきゃいけない。気持ちづくりをイチからやるわけにいかないから、大きなスタジオでベッド1つ置いて撮るんだけど、すぐそこにスタンバイさせて、前の撮影の音だけを聞こえるようにしておく。
最盛期には、2日間で50人を撮ったことあります」

 さしあたり闇金から借りていた20億円を、本業に集中して2年で返済。
過酷な日々を乗り越えられたのは、ひとえに「だれも撮ったことがない作品を」という創作魂から。ところが、そのせいで、米国で逮捕されることに……。

「零戦が真珠湾に特攻していったでしょ? 同じコースをセスナを2機飛ばして、同時に機内で撮影したんですよ。これが、FBIにわかって捕まっちゃって。裁判で求刑が懲役370年。
 私とスタッフ15人が一緒に捕まりましたが、スタッフは全員無罪。私は、5000万円で雇った弁護士が司法取引に持ち込み、2800万円の罰金を払って釈放されました。勾留中の費用などもふくめて、約1億円ぐらいかかりましたね」

 まだ下半身は現役かとMC陣に問われると「はい、仕事でございますから」と笑顔で答えた村西監督。彼のタフな魂こそが、ドラマ『全裸監督』の魅力なのだ。


no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【「全裸監督」の村西とおる、借金50億円に懲役370年の壮絶半生】の続きを読む

1: 2019/09/08(日) 22:06:37.96 ID:zG826XQL9
深田恭子(36)が、主演連ドラ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の視聴率不調でヤケクソモードに突入。11月の37歳誕生日前後に、“全裸写真集”を発売する可能性がにわかに浮上しているという。

 「深キョンは泥棒一族の娘役で出演し、全身密着ボディースーツを披露するなど、やる気満々でした。しかし、視聴率がひどい。初回こそ8.4%でしたが、第4話は5.8%、第6話が5.4%と“危険水域”に入ってしまった。かなり落ち込んだ彼女ですが、最近では開き直り、“絶対見返してやるわ”とつぶやいているとか」(芸能記者)

 昨年11月頃から交際している新恋人、不動産会社『シーラホールディングス』の杉本宏之会長との破局説も囁かれているから、踏んだり蹴ったりだ。

 「当初は、4月にも婚約発表すると言われましたが、いまだに発表なしの状況です。深キョンが移り気な上、杉本氏自身も熱愛報道で十分名を売ったから、もう用はないのかもしれません。深キョンは最近、新たな男を探してか、杉本氏以外の人と飲み歩いているようです」(芸能関係者)

 視聴率と私生活のダブル危機の中、リベンジを狙う深キョンは11月2日に迎える37歳のバースデーに「超サプライズ」を仕掛けるとの見方が出ているのだ。

 「ずばり、“初ヘアヌード”写真集の発売計画ですよ。深田が絶対勝てる“武器”が、30代以降、ビキニ姿を披露してバカ売れしている写真集です。'14年の『Down to earth』あたりから“三十路むっちりビキニ”が話題になり、'16年7月には『This Is Me』『AKUA』を2冊同時発売。“次に出す時はヘアヌード確実”と業界で言われている。そのキラーカードを誕生日に切る話が、一部出版関係者と深田サイドの間で極秘に話し合われているそうです」(スポーツ紙記者)
 ヌードを披露した場合、Gカップはもちろん、その“妖艶肢体”にも注目が集まること必至という。

「深田は“アラフォーでもこんなに若いのよ”と証明したい。だから、全裸ヌードが実現すれば100万部突破は確実でしょう」(同)

 ぜひ、我々のハートを盗んでいただきたい! 
no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【深田恭子、ドラマ不調で浮上した11月誕生日「全裸ヌード説」】の続きを読む

このページのトップヘ