カテゴリ: 女優

1: 2020/01/11(土) 00:10:50.56 ID:GLMnqEaW9
女優・吉岡里帆さんふんする「日清のどん兵衛」のテレビCMシリーズキャラクター「どんぎつね」のオンライン写真集が話題になっています。

日清食品によると写真集のアップ自体は2018年末ながら、昨年末にツイッターで話題になって以来、当時を上回るアクセスが続き、過去最多を記録。平成から令和に代わってもなお、うなぎ上りなその魅力と今後の展開について、同社に聞きました。

 どんぎつねのCMは2017年に登場。吉岡さんの「どんぎつね」が星野源さんふんする「孤独な男」の元にやってきた―という設定で、「元々は『日清のどん兵衛 天ぷらそば』に卵を落として『月見そば』としてお召し上がりいただくという食べ方を、“ぼくの『そば』に『きみ』がいる”、というキャッチフレーズで紹介することも意図していました」と同社。「やはり、お二人の絶妙な掛け合いが、一番の魅力でしょうか」と話します。

 回を重ねるごとに認知度も好感度(特に男性を中心に?)もアップ。昨年末には「日清ラ王」シリーズのCMに出演した子役が「どんぎつね」になりきり「どん子ぎつね」として登場するCM「おおみそかのうそ」篇が放映され、YouTubeにアップロードした動画が、公開からわずか3日間で100万回再生を超えたそうです。

 ―で、なぜ、写真集を作ることに?

 「実は、写真集自体は2018年に作ったものなんです。平成最後の年末が近づく中、年末ならではの寂しい空気感を少しでもほっこりと温めたいという思いのもと、魅力たっぷりの『どんぎつね1st写真集』を制作することといたしました」

 ―確かに、もう包み込まれるというか、ふにゃあとなるというか…世の男性はメロメロになりそうですが、撮影はどちらで?

 「ロケ場所は都内で、路上、民家、神社と日常的な生活感が感じられる場所を選び、『ぼくのそばにきみがいる』というコンセプト通り、まるで恋人として過ごしているかのような姿を撮影していきました。あまりにも素敵な姿の連続に、制作スタッフ一同、“どんぎつね”さんの魅力につつまれてしまいました」

 と、既に撮影段階からメロメロだったよう(笑)。年末年始向けに作られたものですが、2019年には「日清のどん兵衛 天ぷらそば」に「月見ポケット」が付けられ、簡単に「月見そば」が楽しめるようになったこともあり、ホームページ上に掲載を続けていたのだそうです。

 そんな中、令和になって初めての年末年始の反響ぶりに「写真集ページへの1日のアクセス数は過去最多となりました」と同社。「公開から1年後にも関わらず、記録を更新するほど皆様にご覧いただけたことが非常にうれしく、感謝しております」と驚きと喜びを隠しません。

 ネット上では「妄想全開」「紙媒体で出してほしい…」などの声が相次ぎ、第二弾もあるのかと気になるところですが、「ご要望は多くいただいているのですが、現時点で予定はありません」と悲しい返答が。ただ、「今後も『どんぎつね』のテレビCMシリーズは様々な展開を予定しておりますので、どうぞご期待ください」とのことでした。

 「実在」するようで、しない。ポチっと押せば、消えてしまう…。そんなところも「どんぎつね」の魅力かもしれませんね。

https://twitter.com/maidonanews/status/1215801703376670721

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【【画像】吉岡里帆、世の男性陣をメロメロに?「どんぎつね」写真集にアクセス殺到のワケ…第二弾は?】の続きを読む

1: 2019/12/06(金) 16:02:51.08 ID:JDwQucaF0● BE:632443795-2BP(10000)
 女優の綾瀬はるかが去る11月20日、ファッション誌のイベントに“豊乳全開”のエロドレスで登場。凄まじい衝撃が広がった。

「綾瀬が登壇したのは世界的ファッション誌『VOGUE(ヴォーグ)』が選出する、今年活躍し、輝いた女性を表彰する『VOGUE JAPAN Women of The Year2019』の都内で行われた授賞式です。その中の1人に選ばれた綾瀬は、指原莉乃ら、他の受賞者をも圧倒するベージュ色の豪華ドレスで出席。“これからも女性として人として、楽しく人生を歩んでいきたい”などと笑顔で話しました」(芸能プロ関係者)

 しかし、会場にいた報道陣や関係者の視線は、綾瀬の豊満過ぎる巨乳露出に集中していたという。そのドレスは、下半身こそ裾が大きく広がっていたものの、生地はおっぱいの中腹までしかなく、そこから上は“フルオープン”の状態。背中ヌードもエッチだったが、「一瞬、乳輪が見えた!」などの“怪情報”も駆け巡ったほど、限界ギリギリ露出だったという。

「綾瀬が着たドレスは、おっぱいの上部部分、すなわち地球儀でいう北半球をほぼ全開にしていたほどの“攻め”のデザインでした。Fカップとされる爆乳の上部が丸々露出し、背中は上半分が完全にヌードでエロいこと、この上なかったのですが、一瞬、右乳房の頂点付近に薄茶色の乳輪のようなものが“ポロリ”見えたと、会場では話題になったのです。ドレスの生地がわずかでもズレれば、バストトップが露出してしまうデザインだっただけに、会場は異様な興奮に包まれました」(同・関係者)

 しかも、もう1つの“セクシー事故”が起きていたという。

「ドレスの構造的にブラジャーを装着できなかったため、確実にノーブラだったと考えられます。それどころか、おっぱいの先端部分に、ドレス越しに“ポッチ”のようなものが何度か浮き上がっては消えたシーンがあり、よもや“ピンコ立ち”していた可能性も濃厚。男を喜ばせるのが大好きな綾瀬が、自ら興奮モードに入っていたとも考えられます」(芸能ライター)

 綾瀬は今年の大みそか、2015年以来、4年ぶりに『NHK紅白歌合戦』の紅組司会という大役を務める。今回のセクシードレス姿は、紅白本番への予行演習との見方も出ているのだ。

「久々の司会復帰だけに、綾瀬は一発かまそうとしているようです。過去、13年と15年の2回、紅組司会を務めましたが、衣装よりも天然ボケの司会ぶりばかりが話題になりました。しかし、今回は4年ぶりということもあり、周囲には“よりセクシーになった私を見てほしい”と宣言しているようです。何でも、授賞式で着たドレスよりも、さらに過激な露出の衣装を用意していることをほのめかしているようで、当然、紅白本番での“ノーブラ&ポロリ”も、生放送だけに期待していいのではないでしょうか」(芸能記者)

 綾瀬は10月16日放送の『笑ってコラえて!』特番(日本テレビ系)でも、ポルトガルのロケでFカップ乳の谷間をことさら披露し、お茶の間の視聴者を騒然とさせたばかり。

「ポルトガルでも、ド派手な赤のワンピースで登場。現地の男たちを挑発するかのように、巨乳の谷間を全開にして物議を醸しました。重要役を務めるNHK大河ドラマ『いだてん』でも4月、“全裸冷水浴”シーンに挑み、大河の放送コードギリギリを攻めたと関係者らを驚かせています。今年の紅白が綾瀬効果で成功したら、継続確定は間違いなし。ますます勢いに乗り、来年以降、限界露出モードが加速しそうですね」(同・記者)

 大みそかが待ち切れない!

https://wjn.jp/sp/article/detail/4626436/

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【綾瀬はるか、ノーブラセクシー全開“うすちゃ色”ポロリ騒動!】の続きを読む

このページのトップヘ