カテゴリ: アスリート

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 2020/12/30(水) 11:46:37.08 ID:bygGXPvap
no title

no title

no title




【【画像】バレー協会「おっぱいのところに広告つけたらみんな見るやろなあ」の結果】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/20(日) 13:03:08.16 ID:84vnfTdo0
no title

no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】体操の女さん、おっぱいバルンバルンのムッチムチwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/08(火) 11:05:00.64 ID:xIQeTM+U0
no title

no title

no title

no title




【【朗報】本田望結ちゃんのデカパイ、止まらないwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/08(火) 12:03:00.02 ID:eRgGt9Pia
no title

no title





【【画像】石川佳純さん似のAV女優が発見されてしまうwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/11/24(火) 07:56:15.59 ID:xONXiRSWa● BE:687522345-2BP(2000)
イギリスの女子ゴルファー、ルーシー・ロブソン。インスタグラムで90万人近くのフォロワーを抱えるインフルエンサーとしても知られる。

そんな彼女が11月23日、インスタグラムを更新。ファッションブランド「ファッションノバ」のアイテムを身にまとったセクシー写真を投稿した。

彼女は"股抜き"動画やゴルフボールのリフティングなど、ドキッとするようなワザを披露する動画でも話題となった。今回の投稿でも胸元とミニスカに目を奪われる。

TikTokでも93万人以上のフォロワーを獲得している。これからも彼女のSNSの発信は見逃せない。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77612
no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】イギリスの女子ゴルファーの“胸開き&黒ミニスカ”がエッチ過ぎるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/20(火) 13:19:16.50 ID:Gx5M5g9b0● BE:403084634-2BP(2000)
同日の投稿で「こんなに濡れる予定じゃなかったんだが」と記し、木村沙織らとぬれた写真をアップ。
大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のアトラクションで予想外のハプニングに見舞われながらも、女子4人で楽しんでいる様子を報告していた。

 続けて更新し、「結果こうなりました」とジーンズ姿で背面姿を見せており、ヒップ部分が思わぬ形で被害に遭ったことを物語っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4454a8cb0ebd919f11351b35b3c2faeadc59177a

2: 2020/10/20(火) 13:21:30.92 ID:9UHEiVY70
ここまで画像なし

5: 2020/10/20(火) 13:24:21.31 ID:RM9Ivzy60
>>2

no title



【元バレー木村沙織「こんなに濡れちゃうなんて・・・」 びしょ濡れお尻の画像をアップしてしまうwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/14(水) 05:21:04.50 ID:CAP_USER9
 水泳や陸上においてウエアやギアの機能の進化とともに記録が更新、というニュースを耳にするようになった。ビーチバレーボールもその例にもれず、選手たちのユニフォームであるスイムウエアは確実に進化を遂げ、選手のパフォーマンス向上に関係している。

 ビーチバレーの国際大会が開催されるようになった1980年代は、上下つながったワンピース型の水着を着てプレーする選手もいた。ビーチバレーが正式種目となったアトランタ五輪が開催された1996年以降は、上下が分かれたセパレートが主流へ。しかし、当時のパンツのデザインはヘソ下5cmとハイウエスト、Vラインのカッティングもハイレグ気味だった。

 1999年に規格化され、2000年代に入ると水着のデザインは大きく様変わりしていく。パンツのウエストはヘソ下15cm前後、サイド幅も7cm以下と規定(当時)が定められ、現状に近づきウエアの面積は小さくなっていった。

 当時の報道では、ビーチバレーの女子選手の水着が「なぜ、小さいのか?」とよく取り上げられていた。その理由は単純だ。ビーチバレーは、砂の上で走る、跳ぶ、とにかく激しく動く競技。生地には汗、雨などの水分や砂がまとまわりつく。めまぐるしく変わる自然環境から生まれる負荷を軽減するには、水着は『第2の皮膚』になる必要がある。「小さいほうが動きやすい」という声が圧倒的に多い。

 2006年からビーチバレーボール日本代表のサプライヤーを務める株式会社DESCENTEは選手の声に耳を傾け、研究を重ねてきた。スポーツマーケティング部の諸隈直樹氏は言う。

「最も要望が多いのは、動いたときのズレやヨレ、砂の付着や生地のべたつきへの対応ですね。弊社では、そういったストレスを軽減し、激しい動きに耐え、スムーズな可動で競技に集中できる水着の開発に携わってきました」

 女子日本代表の水着のトップスは、しっかり肌にフィットするように生地の裏地にすべり止めを装備。さらに首や肩への負担を軽減し、肩甲骨の可動を意識した背中の肩紐のデザインは、何度も改良を重ねてきたこだわりのひとつだ。パンツはお尻の筋肉、股関節周りの可動を意識し、選手それぞれの体形や好みに合わせて採寸しカッティングされている。

(以下略)

https://dot.asahi.com/dot/2020101200063.html?page=1

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】なぜビーチバレーの水着は“小さい”のか 灼熱の戦いサポートするユニフォームの進化】の続きを読む

このページのトップヘ