2019年07月

1: 2019/07/30(火) 19:55:31.16 ID:f82GtE2A9
かつて「岡山の奇跡」と呼ばれ、期待の中デビューした桜井日奈子だが、残念ながらパッとしない。最近もチラホラと見掛けはするが、話題になることはめっきり少なくなり、「岡山の限界」「岡山の奇跡起こらず」なんて声もネット上で囁かれる始末。

「彼女に関しては、妄想的にイメージが膨らんだような気がしますね。とんでもない美少女だというのが、独り歩きしてしまった典型でしょう。しばらくの間、顔のアップを見せなかったのも失敗ですね」(芸能プロ関係者)

高校時代の2014年、コンテスト『岡山美少女・美人コンテスト』で「美少女グランプリ」を獲得。ローカルニュースながら、その美少女ぶりが瞬く間に広がった。

「高校生活は、地元岡山。受験で東京の大学に入るまで、ほとんどグラビアなどはせず。あくまでCM中心の活動でした。CMというのは企業のイメージがよくなればいいだけのことで、別に本人主体のものではない。事務所の意向もあったのでしょうが、正面がはっきりしない人物像ばかりで売ってきたのです」(アイドルライター)

桜井は、♪いい部屋ネット…のCMで、何人かで踊る女の子たちのセンターを務めた。遠目ではあったが、かわいい感がアリアリ。まだ素顔が分からないというのに〝妄想人気〟で一気にファンを獲得するところとなった。

「16年4月、東京の大学入学とともに上京。本格活動に入ります。日本テレビ系ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』のチョイ役で出演。本当の端っこですので、たまに顔が瞬間的に映るだけ。そのときから『何か違うな~』の感想が出始めたのです。絶世の美少女と期待されていましたが、『違う』ってことになったのです」(同・ライター)

それを決定付けたのは、冬の恒例『JR東日本 JR SKISKI』のCMだ。スキーウエアを着た桜井が、いよいよドアップで登場し、ファンを驚かせた。

「正直、こんな顔だったのかとビックリ。かわいいといえばかわいいが、どこにでもいそうな普通の子。とても〝奇跡顔〟ではありませんでした。正直、一度見たらすぐ忘れるタイプ。このCM以来、奇跡が現実に呼び戻されました」(同)

現在は単発ドラマのみで、連ドラ出演はない。今後は8月配信予定のネットドラマ『ヤヌスの鏡』、秋公開の映画『殺さない彼と死なない彼女』などの出番が控えてはいるが…。

「東京で活動するようになって、すでに4年目。いまだブレークする可能性なし。最近はムチムチしてきた印象で、男性からの評価は上昇中。まだ22歳ですし、グラドル転身でイケるでしょう。何しろ通っている大学名にすら関心を持たれないのですから、やはり〝岡山の限界〟近しですね」(グラビア雑誌編集者)

早めの決断を期待したいものだ。

https://myjitsu.jp/archives/90396

no title




【【芸能】「岡山の限界…」こと桜井日奈子さん、このままパッとせずグラドル転身か?】の続きを読む

1: 2019/07/28(日) 20:17:07.18 ID:osH+lZHn9
 吉本興業の複数の芸人たちが参加していた闇営業問題が発端で勃発したお家騒動。

 同社はかなりのイメージダウンを強いられることになったが、希望するタレントに対して書面で契約書を交わす方針を打ち出し、さらには第三者から広く意見を聞く「経営アドバイザリー委員会」を設置することを発表。社内改革が進展し始めている。

 「あとは、安すぎるギャラなど、金銭的に不透明な部分をクリアにしていかなければ、闇営業を根絶することは難しいだろう」(芸能プロ関係者)

 闇営業騒動が勃発したころ、グラドルたちの「ギャラ飲み」の実情についても紹介されたが、そちらの問題もかなり切実だというのだ。「これまでの主戦場だった漫画誌のグラビアなどは坂道シリーズのメンバーたちの独占状態。DVDを出しても二束三文にしかならず、ギャラ飲み、さらにはパパ活で食いつないでいる状態です。活躍した歴代のグラドルの中にはヤクザの娼婦みたいな子もいましたし、今やAV界のスターとなっている元グラドルはパパとの金銭についてのSNSのやりとりが流出。芸能界引退に追い込まれました。弱小事務所のグラドルたちは生活するのでいっぱいいっぱいです」(芸能記者)

 グラドルたちの切実な実態の改善も問題されるべきのようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1942070/

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【【芸能】ギャラ飲みとパパ活で生き残りに必死なグラドルたち】の続きを読む

このページのトップヘ